お風呂のお湯の量に関する節約術です。

私は、お風呂の節約をしています。これは、私は、冬に関してだけですが、お風呂の湯船に入る時の、お湯の量を調節する節約術です。2リットルのペットボトルを5本くらい準備します。その中に砂を入れます。結構多めに入れます。砂がなかったら、普通に土や、小石とかでも大丈夫です。川原や、海、山などに行ったらいくらでもあります。それを全部のペットボトルに入れて蓋をしっかり閉めます。
それを湯船に入れて、あとは普通にお湯を貯めてお風呂に入るだけです。お湯の量が、半分以下どころか、3分の1くらいですみます。何故、砂なのかと言うところにもポイントがあります。例えば、水だと、冬は、お湯がぬるくなり、かえって沸かすのに、お金が かかります。砂だと温度があまり下がらないです。また、砂の量ですが、少ないと、水面に浮きますので、意味がないです。あと、湯船が極端に小さい家(少し小さいのは、ペットボトルの本数を減らせば大丈夫です)や、極端に太っている方には、この節約術は不向きです。是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です