支払はすべてカード決済にする

通常日々の生活の中で家庭で節約できるといえば、光熱費と食費が大きい。
光熱費そのものの使用方法については上記に書いた通りの節約を行うが、その支払についても一つ工夫するだけで随分変わってくる。
電話やスマホ、プロバイダーなどの通信費をはじめ、すべての光熱費を口座引き落としではなく、カード支払にする。
カード会社ごとのポイントが付き、そのポイントで航空会社のマイルに交換したり、最寄りのスーパーのポイントやT-ポイントなどのダブルでたまることも多い。
食費などは、3日ほどまとめて購入して、カードで支払をする。
また、パスモやスイカなどはオートチャージ機能を付けておき、こちらの支払もカード決済にしておく。駅でわざわざ入金する必要もなく現金では何のポイントもつかないがカード経由にしておくことポイントが加算される。
いつも現金支払をしている人にとっては、特にオートチャージなど、いくら自分が支払ったのかあいまいになって怖いとか、翌月の引き落としの時の残高が心配などいろいろ不安に感じるかもしれないが、時計やバッグなど大きな買い物をせずに日々の生活費に支払うのは現金で払おうが、カードで払おうが大して変わらないのが実感だ。テレビを見るときに何時間見たから電気代いくらかかった。といちいち考えているわけではないのだから・・・便利に利用すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です