お風呂の水を水やりに使用すること。

自宅で観葉植物や野菜・果物などを育てているお宅で水遣りをする時、またお庭などに水撒きをするお宅では、それらの際に水道水を使用してしまうと、とてももったいないです。基本的に毎日のことなので、水道代がとても高くなってしまいます。そこで、無駄な水を使わない為、水道代を下げる為に、前日に入ったお風呂のお湯をのこしておくようにします。そして、それを活用することにします。水撒き、水遣りの際に、水道を使用しないので、無駄に水道代が上がることもありません。また、お風呂に入る時に、入浴剤として「木酢液」を使用しておくことで、まず第一に保湿効果で人間の体(皮膚)にも良いし、養分があるので、第二に観葉植物や野菜・果物などに栄養のある水分を与えることができます。さらに、第三に虫よけの効果があるので庭に撒いたときに蚊などの害虫がよって来づらくなり、一石二鳥や三鳥もの効果をえることができ、非常に有効な手段だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です